マタニティ整体東大阪市でマッサージが人気のたなごころ鍼灸整骨院

マタニティー整体

 hand iconマタニティー整体Maternity body preparation

このような悩み抱えていませんか?

当てはまる症状にチェック!
  • 腰痛や坐骨神経痛ひどくて歩くのも辛い
  • 肩こりや頭痛で何もする気がしない
  • 背中が痛くて寝ることが出来ない
  • 股関節や恥骨が痛くて寝返りも出来ない
  • 骨盤や仙骨の辺りが痛くて辛い
  • 産後の体型が不安
  • 産後の体型が不安
  • 息切れや悪阻が酷くて辛い
staffimg

出産に向けた準備は出来ていますか?

赤ちゃんは10ヶ月間、お母さんのお腹で育ち、そこから産道を通って出てきます。その産道はお母さんの骨盤にあります。分娩の際に赤ちゃんの頭はお母さんの骨盤の形に合わせて出てきます。まず赤ちゃんの頭が骨盤に入るときは背中を見ながら入り、そして横を向き、その次に顎を引いて、最後に顎を上げて外に出てきます。最初は後頭部が見える形で出てくるのが基本になります。その赤ちゃんが外に出やすくする準備をすることで安産に生むことに繋がります。

妊婦さんの体は大きく変化します

出産

妊娠すると赤ちゃんをお腹で育てるために、お母さんの体は大きな変化が起きます
まず子宮は赤ちゃんの成長に伴い大きくなり、重力に伴い下方に垂れ下がっていきます。そうすると子宮を支えている筋肉や靭帯などが伸びていきます。大きくなった子宮が膀胱などを圧迫して尿漏れなどの原因になります。その他の臓器も圧迫されることで様々な影響が出てきます。

腰痛

腰の負担などが大きくなることで妊娠初期の腰痛などが出てきます
妊娠すると「リラキシン」と言う卵巣ホルモンの一種がでてくるため、靭帯がゆるくなり、関節の負担が大きくなっています。しかし、それは赤ちゃんが出てくる「産道」と言う道を作るためにお母さんが骨盤を開けて作って上げているからなのです。骨盤周囲の靭帯がゆるくなり上半身を支えること力が弱くなります。

重心バランス

重心のバランスが崩れ姿勢に変化
妊娠後期の20週前後あたりからお腹が大きくなり重心のバランスが崩れて姿勢の変化が現れます。重心の位置が前方に移動し、骨盤や腰椎も前方に傾いてきます。そうすることで後ろにバランスを取ろうとして背中や腰の筋肉の緊張が強くなります。

ホルモンバランス

妊娠をするとホルモンバランスの変化も大きくなります
ホルモンバランスの変化が大きくなるとお母さんの体への負担が大きくなります。妊娠時はアンバランスになるものですが一定の状態を超えてしまう妊婦さんが多いのも事実です。その結果、睡眠、食欲の乱れ、吐き気、嘔吐、疲労感など様々な症状が出てきます。妊婦さんの症状の軽減や出産に向けた準備、胎児を支えるための姿勢作りの提供をしております。

東大阪市たなごころ鍼灸整骨院のマタニティ整体の特徴

  • step01

    カウンセリング
    しっかりとしたカウンセリングでお体の状態を把握します

  • step02

    検査
    血圧や酸素飽和度などのバイタルのチェックを行い、「安心・安全」の施術を行い、症状に合わせて自律神経のチェックも行います

  • step03

    施術
    筋肉の緊張が緩和できるように赤ちゃんに負担の少ない横向きや仰向けでマッサージを行い、分娩がスムーズに出来るように骨盤のケアを行います。

  • step04

    アフターケア
    赤ちゃんの負担軽減とうまく酸素を送るために正しい姿勢つくりを提供します

staffimg02

妊娠、出産というのは一生のうちでもめったにない貴重な体験です。感動や興奮に満ちた特別な期間でもあります。胎児を宿ることで、ちょっとした身体の不調でも不安に感じることも多いはずです。私たちはその不安を出来る限り取り除けるように医学的フォローをしていきたいと考えております。分娩は産科医療スタッフとの共同作業になることと思われます。その産科医療スタッフに最善の状態で送り出せるような、医学的フォローが出来るパートナーでありたいと考えております。妊婦さんの体のことでお困りのことがあれば東大阪市のたなごころ鍼灸整骨院にご相談下さい。