東大阪市の整骨院・整体 たなごころ鍼灸整骨院 | 骨盤矯正 産後骨盤矯正 交通事故施術ならお任せ!

けんしょう炎

けんしょう炎とは

腱鞘炎の原因は同じ動作の繰り返しや使い方の悪さで「腱鞘」と言う腱を入れているトンネルと筋肉の先端にある「腱」が摩擦を起こして炎症を起こしているものです。炎症を起こしている原因は日常生活の中にあったり、仕事での作業にあったりすることはよくあることです。

こんな症状のお悩みはありませんか?

  • 産後腱鞘炎になって辛い

  • 親指の付け根が痛くて辛い

  • ハンドルを回せない

  • 家事をするのが痛くて辛い

  • 病院で湿布を出されただけで治らない

  • 病院でステロイド注射・ステロイド剤を処方をされたが効かない

腱鞘炎になりやすい人

  • パソコンやスマホ操作
  • 反復した手指の動作・作業をされる方
  • 透析、糖尿病、リウマチ患者の方
  • 妊娠前後や更年期でのホルモンバランスの変化がある方

たなごころ鍼灸整骨院のけんしょう炎の治療

腱鞘炎治療は原因を追求して日常生活の動作や仕事での作業の動作を指導やテーピングで制限することをします。
治療を早期にして「腱」の肥厚や炎症を防ぐためにアイシング、超音波などを用います。
そして腱のすべりをよくするためにAKA、オステオパシーなどの整体を混ぜた当院オリジナルの手技を行って、再発しない腱鞘の仕組みを作るようにします。
早期の治療の必要性は、治療が遅くなると「腱」が肥厚してしまうからです。肥厚してしまうほど治療には時間が掛かります。
症状が悪化する前にできる限り早めの来院をオススメします。

  • けんしょう炎治療

    けんしょう炎治療

    腱鞘炎治療は原因を追求して日常生活の動作や仕事での作業の動作を指導やテーピングで制限することをします。
    治療を早期にして「腱」の肥厚や炎症を防ぐためにアイシング、超音波などを用います。
    して腱のすべりをよくするためにAKA、オステオパシーなどの整体を混ぜた当院オリジナルの手技そを行って、再発しない腱鞘の仕組みを作るようにします。
    早期の治療の必要性は、治療が遅くなると「腱」が肥厚してしまうからです。肥厚してしまうほど治療には時間が掛かります。
    症状が悪化する前にできる限り早めの来院をオススメします。

    施術ステップ

    • step1炎症消失
      ①炎症を起こしている部分にアイシングを行います。
      ②炎症物質を促すために超音波治療器を行います。
    • step2テーピング炎症がひどい場合は動きの制限をかけるためにテーピングを行います。そうすることで繰り返しの刺激を軽減できるので痛み軽減や早期緩和に繋がります。
    • step3ストレッチ腱の摩擦が再発しないように筋肉の動きを良くするためにストレッチを行います。